BIOGRAPHY

1956年、長野県生まれ。スピードに対する興味が人一倍強い土屋は、長野から富士スピードウェイまで原動機付き自転車(通称 ゲンチャリ)でレース観戦に行く程であった。その時に目にした光景が今の土屋の原点である。それは、沢山のレース車両の中で1台だけ土屋には見えるオーラを発した車が高橋国光選手の走りであった。高橋選手は数あるレース車両の中でも唯一、ドリフト(自動車の後輪を滑らせて走る走法)をさせてコーナーを駆け抜けるレースをしていた。この光景を目に焼き付け、免許取得と同時に今まで以上に車に熱中する。
当時は腕を磨く為のサーキット走行場所が少なく、もっぱら近所の峠や、雪のワインディングロードなどで腕を磨いた。幾度となく走り込み長野県周辺の山(峠)を制していく。しかし、このままでは進化しないと考え、レースの世界へと進む事を決意する。その為には昼夜働き詰めでレースの為の資金を自らの手で捻出。

そして、1977年に富士フレッシュマンレースにデビューする事となる。その後もツーリングカーを中心に苦しい生活の中レース活動を続け、1984年には富士フレッシュマンレースで伝説の6連勝を成し遂げる。翌年には全日本ツーリングカー選手権(グループA)が開催されると同時にステップアップする。ここで、派手なテールスライド走行から『ドリキン(ドリフト・キング)』の称号を与えられる。そして、『ドリフト』という言葉も定着させた男でもある。

1992年には、今の自分があるのは、この人への憧れから始まったと言っても過言ではない、高橋国光が結成した『チーム国光』へ抜擢されグループAの成功、人気の立役者の1人になる。
1993年には、N1耐久レースに於いてチームをシリーズランキング第3位に導く。1994年には、JTCCにシビックで参戦し、第4戦、第14戦で4位。また、GT選手権では、ポルシェターボをドライブし総合優勝を果たす。
1995年、ル・マン24時間レースにはNSX-GT2で参戦し、予備予選でGT2クラス2位のタイムを叩き出し見事に大任を果たした。決勝では、ピットスタートにもかかわらず、脅威の30台抜きを決め、GT2クラス優勝に貢献する大活躍を披露した。
1996年には、日本初上陸のNASCAR(アメリカではメジャーリーグベースボール、アメリカンフットボール等と人気を博すモータースポーツ)へ挑戦し日本人最上位を獲得。また、ル・マン24時間へも参戦し3年連続完走。全日本GT選手権へは、ホンダNSXで参戦。

そして、1997年には、5年間在籍したチーム国光を離れ、新たにチーム・ラーク・マクラーレンでル・マン総合優勝に挑戦した。予選はタイムアタッカーとして総合10位を獲得するが、決勝レースはリタイアとなった。しかし、ここでの速さは海外でも十分アピールできた。国内での活動は、全日本GT選手権及び全日本ツーリングカー選手権へ参戦した。また、第2回NASCAR鈴鹿サンダースペシャルでは、旧車にもかかわらず予選7位、決勝11位と2年連続日本人最上位を果たす活躍を見せ付けた。
さらに1998年には、日本人初のオーバル・コースでのNASCAR参戦。また、体制を一新してのル・マン24時間は、トヨタ・ワークスのTS020で、片山右京、鈴木利男らと参戦、見事、初レース総合9位。全日本GT選手権では、スープラで参戦。開幕戦で3位を獲得。また、全日本ツーリングカー選手権へは、97年に引き続きチェイサーで参戦し、第1戦で3位を獲得する。
1999年には、再び、トヨタTS020でル・マン24時間レースに挑む。日本人トリオでの最高位である、総合2位を獲得することとなる。全日本GT選手権へは98年同様スープラで参戦。

そして2000年には、AUTOBACS RACING TEAM AGURI(ARTA)より鈴木亜久里とペアを組み、再びNSXで全日本GT選手権に参戦。また、ル・マンには、テレビ朝日レーシングチームより、パノスで参戦し総合8位へと導いた。さらに、99年より参加しているスーパー耐久シリーズでは、毎レース表彰台の一角を占める。

こうして、ル・マンへは、5年連続出場を果たす。2001年には、全日本GT選手権に鈴木亜久里が監督を勤めるチームARTAより参戦。第6戦で優勝。総合ランキング2位。翌年は、ARTAより全日本GT選手権へ参戦。数々のドラマ、記憶に残る走りでランキング10位。
そして、2003年はARTAより新しいパートナー金石年弘選手と全日本GT選手権に参戦、シリーズ開催中に衝撃の今期限りでの引退を表明する。最終戦の鈴鹿ではスタートドライバーを務めスタート直後から守りの走りではなく、オープニングラップの鈴鹿名物高速コーナーの130Rをアウト側から抜き去り、リタイアやクラッシュを恐れない攻めの走りで観客を魅了する。結果苦戦を強いられたNSXで自身今年度最高順位である6位で幕を閉じ、勇気と感動をファンのみなさんに忘れられないものとした。レース後の引退セレモニーも感動や歓喜にあふれるものであった。
翌年からはARTAでGT300、GT500の監督を務め若手育成にいいままでのレースキャリアで得たノウハウを惜しみなく指導する。
2005年以降はARTA監督、エグゼクティブアドバイザーとして新たな旅立ちの年を向かえ、今 なお、日本中のサーキットを走り続けている。

このように、アグレッシブで妥協を許さない粘りある生き方に多くのFANが共感し賛同する。また、レース活動以外にも、土屋は、自分の走りの原点に返り、2001年から全日本PROFESSIONAL DRIFT選手権『D1-GP シリーズ』を旗揚げし、審査委員長として、土屋圭市としてD1選手を公私ともに指導する。その甲斐あってD1選手の熱い走りに、本人もさることながら、全国の走り屋を公道からサーキットへ導いた功績がある。
そして、一般のサーキット走行を楽しむ人たちにも、さまざまなチューニングショップ主催の走行会を通して、土屋自身が得た技術を惜しみなく多くの車好きに広める為に、サーキットの攻略法を伝授する。同時にメンタルとは何かをも指導している。

また、数あるメディアバリューの中でもHot Version video『HOT-V』や、Best MOTORing『BM』、にもレギュラー出演し、本当のクルマの楽しさを伝えることに全エネルギーを注いでいる。その、HOT-Vでは、現役のレーシングドライバーをゲストに迎え、読者の喜ぶ企画までも遂行し、現在でも2万本ほどの販売実績を誇る。

フジテレビのF1解説を経て1999年からフォーミュラ・ニッポンのレギュラー解説者となり、フジテレビ すぽると『フォーミュラ・ゾーン』レギュラー出演を経験、BSチャンネル721(現 フジテレビNEXT、フジテレビTWO)『F1-日本GP』実況解説、J-WAVE『Bridgestone automobile radio』のパーソナリティーを同局のグルーブラインで大人気のピストン西澤と務め、業界人の注目を浴びる番組へと成長させる。『AUTOSPORT』『XaCAR』『ENGIN』『onlyMersedes』への筆頭。と、各方面でその才能を遺憾なく発揮し幅広く活動中。また、過去には日本で最も権威のある『日本カーオブザイヤー』の選考委員も務める。
レース、自動車を語る時には欠かせない存在の一人である。